厳島神社の大鳥居の修繕工事はいつから?

厳島神社の大鳥居の修繕工事はいつから?

安芸の宮島に訪問したら厳島神社と大鳥居は必ず見学したいですね〜 修繕工事が始まると聞きました。せっかく旅行に行ったのに見れないなんて残念なことに〜その修繕工事の予定を確認して見ました。

スポンサーリンク

 

安芸の宮島大鳥居
満潮時の大鳥居

 

修繕工事の予定

 

海水や海風の影響で部分的に痛んでいる所があり、修理が必要になったそうです。

 

公式サイトより

平成31年6月より 大鳥居の屋根の葺替、塗装と部分修理が行われます

工事の内容は、足元の樹脂直し、塗装、木部補修、屋根葺き替え、調査が行われるとのこと。

 

終了は未定。約1年間の予定だが、工事に着手してからはっきり予定がわかるらしい。

 

大鳥居とは?

 

宮島のシンボルの「大鳥居」

国の重要文化財に指定されています。鳥居の高さは16.6メートル。現在の鳥居は明治8年に再建されたもの。その昔、宮島全体が神として崇められていて、島内には神職しか住めなかったとか。その頃は船に乗って海上から参拝していたそうです。

 

なんてったって、海の上に立っているのが最大の魅力

干潮時と満潮時、そちらの風景も見て見たいものです。

 

Advertisement

満潮時の様子

 

とんすけが訪れた10月のある日の午前中は、満潮でした。海の中にそびえ立つ姿が神々しいですね。

 

干潮時の様子

弥山に登って降りて来たら昼過ぎ、潮が引いていました。

干潮時の大鳥居

 

わーい、歩いて鳥居の下まで行けるぞ〜〜〜

 

干潮時の大鳥居

 

お青のり?みたいなものがギッシリ生えています。なんか〜おいしそうだ^^

 

 

修繕工事中は全く鳥居が見えなくなるわけではないようですが〜〜

やっぱり工事中でない鳥居が見て見たいですよね〜〜 広島に急げ〜〜 😀

神社・仏閣カテゴリの最新記事