宮古島観光*遠くで眺めるだけ〜【神が住む島・大神島】

宮古島観光*遠くで眺めるだけ〜【神が住む島・大神島】

大神島ーーおおがみじま  行ってみたいなあ

スポンサーリンク

大神島とは?

 

神様がいる島とされ、とんすけが沖縄にハマったころ(昭和の終わりころ)は、

観光客が遊びのために訪れる島ではないっ!!観光客は立ち入り禁止!!」と言われた覚えがあります。

むやみに立ち入ると神の怒りをかう」という記事も読んだことがあります。

ゆえに、不思議大好きとんすけ、いつかは訪問したいスッポットなのです〜〜

 

これが大神島だ!!池間島から撮影しました。

大神島

 

ところがっ!!令和の時代となった昨今、ネットで調べたら

大神島自治会作成の観光用のホームページがあるではないかっーーーーーー!!!!! 😯

 

時代は変わった… 💡

 

大神島は沖縄でも有数のパワースポット!

 

宮古島からは定期船が1日に4〜5往復しています。

小さな島の中には聖域がたくさん。立ち入ってはいけない場所や伝統。ルールなどがあります。

島のおじいによる観光ガイドというものがあるそうです。約90分、2000円。要予約。

これは大神島訪問の際には、お世話になりたいですな。

 

日本神話に登場する「天の岩戸」や「高天原」と呼ばれる場所も大神島にあります。

 

大神島の特産品

燻製タコの料理カーキダコ丼、ミーバイ汁、アーサー汁、燻製焼きさかな、サザエ、島らっきょうなど

 

池間大橋。この左手に大神島があります。

池間大橋

 

大神島にはたった一つ、食堂あり

「おぷゆう食堂」にはお食事のほか、軽食・ドリンクもあります。

 

島の中に宿泊施設はありません。人口は30人にも足りません。

そんな手付かずの島である大神島。

自然を壊さぬよう、いつかは行ってみたい島です。

旅行カテゴリの最新記事