宮古島観光【島尻のマングローブ林】市指定天然記念物

宮古島観光【島尻のマングローブ林】市指定天然記念物

宮古島にあるマングローブの林です

スポンサーリンク

市指定天然記念物「島尻のマングローブ林」

指定年月日は、平成22年(2000年)2月14日

マングローブ林は、熱帯・亜熱帯地方の海岸や河口の汽水の泥土に生育する常緑低木ー高木の一群。日本では南西諸島に数種類が分布し、鹿児島県喜入が北限とされている。

沖縄県内では、4科6種が分布。八重山6種、宮古5種、沖縄本島4種が確認されている。

島尻のマングローブ林は、奥行き1キロメートルの入江に発達し、宮古諸島内で最大規模の群落を形成。ヤエヤマヒルギ、オヒルギ、ヒルギモドキ、ヒルギダマシの3科5種が確認されている。宮古に分布するマングローブが観察でき、河川のない地域で群生を発達させて植物地理学上重要である。

マングローブ林は「海の森」とも呼ばれ、特殊な生態系を持つ。

 

宮古島島尻の「マングローブ林

 

赤いカニがいっぱいいました。

マングローブ林の中に遊歩道があり、歩きながら自然観察ができます。訪問時は、干潮の時間で潮が引いているところがあり、干潟の生物が見れました。

カニがいっぱい!!ベニシオマネキというカニさんたちです。

とっても小さいので写真では分かりにくいかもしれませんっ

島尻のマングローブ林のベニシオマネキ

 

島尻のマングローブ林のアクセス

 

島尻のマングローブ林にはツアーで訪れました! 

仲間と出会う、感動と出会うクラブツーリズムの旅/国内旅行

旅行カテゴリの最新記事