久部良バリ むごく悲しい伝説の地 in 与那国島

久部良バリ むごく悲しい伝説の地 in 与那国島


与那国島は、石垣島と台湾のほぼ中間に位置し、日本の西の果てにあります。

周囲24キロの島には風光明媚な自然と美しい海が広がります。島全体が切り立った崖に囲まれた絶海の孤島ということから、ほかの八重山の島にはない独特の文化育まれて来ました。

 

その中でも、悲しい伝説が残る久部良バリを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

久部良村の北、海岸の岩場にある全長20メートル余り、幅3〜5メートル、深さ7〜8メートルの割れ目

 

人頭税に苦しむ島では、人口削減のため村々の妊婦を集めて、このバリ(割れ目)を

跳ばせるという残酷なことを行なったという伝説が作られた地。

 

落ちて亡くなる者、跳べても流産は免れなかったとか…

 

 

 

「伝説」と看板には書かれているが〜〜

歴史で習った覚えがあるのだが〜〜〜 😥 ???

 

こんなとこ、跳べ!と言われても===

幅がかなりあります。 しかも妊婦さんですよ!無理です。

 

 

 

「伝説」と書かれているが

近くにはお地蔵様がありました。

 

 

付近の異様な雰囲気に〜〜私は「光明真言」をお唱えさせていただきました。

 

 

周囲は、クブラフルシと呼ばれる、岩場の景勝地になっています。

 

 

 

 

 

与那国島の観光名所は、点在してます。事前にレンタカーを予約するのがおすすめです。

 

 

久部良バリすぐ近くの観光名所

日本最西端の地に行ったよー与那国島

不思議な世界カテゴリの最新記事