与那国島の[アヤミハビル館]生きてるヨナグニサンが見れる!

与那国島の[アヤミハビル館]生きてるヨナグニサンが見れる!

世界最大級の蛾 ヨナグニサン

標本や昆虫図鑑で子供の頃からよく見てたヨナグニサン。学名はアヤミハビル

与那国で生きてるヨナグニサン見てしまいました〜〜

スポンサーリンク

与那国島立ち寄りスポット

日本の西の果て「与那国島」周囲24キロの小さな島です。島全体が切り立った崖に囲まれた絶海の孤島。そこに「アヤミハビル館」があります。

アヤミハビルの生態を科学的に解説。最西端の豊かな自然をたっぷり体感できる館です。

アヤミハビル館

 

まずはビデオ室に入ります

与那国島の自然やヨナグニサンの生態についてビデオで学びます。

南の島の映像が綺麗です。

 

アヤミハビル館ビデオ室

生きてるヨナグニサンが展示されていました

訪問したのは4月。ちょうどヨナグニサンの羽化の時期だそうです。

森に入れば、羽化したばかりのヨナグニサンを簡単に見つけられるとか〜〜 💡

ヨナグニサンを図鑑でしか見たことがないとんすけはビックリ!!

なかなか出会えない生物かと思ってました〜 💡 

与那国島では簡単に見つけることができるようです。

 

羽化したばかりのヨナグニサン

美しいです!

羽化したばかりのヨナグニサン

 

世界最大級の大きさを誇るアヤミハビル。翅の広さも最大級で、いっぱいに広げると24センチにもなります。

ヤママユガ科の仲間で、沖縄では与那国を中心に生息し石垣島や西表島でも見られますが、数はわずか。

アヤミハビルの仲間は東南アジアに広く分布していますが、大きさも色彩も与那国産が秀でています。

 

アヤミハビルの生態

羽化して成虫になるとすぐに交尾し産卵します。成虫の寿命は雌で5〜9日。雄で4〜5日。

実に短い一生です。

この間、他の蝶のように蜜をとることなどなく、産卵して子孫を残すためだけに成虫となるのです。

 

Advertisement

ヨナグニシュウダ:日本最大級の蛇がいました

ヨナグニシュウダ

 

与那国島固有亜種

与那国島に生息する4種のヘビのうち、もっとも大きくなるヘビ。日本最大級の蛇です。

大きさが電柱ぐらいあっただとか 😯 轢いたら車が跳ね上がったとか〜〜いろんな噂がありますが

実際に測った最大のヘビは、2メートル70センチ。

 

テレビでも紹介されていましたが〜〜雑巾のように臭いヘビだそうです。この匂いは衣類に着くと洗ってもとれないとか。

シュウダとは臭蛇と書くのです。

ヨナグニシュウダの説明

広い庭にはヤギさんが出現

アヤミハビル館、入り口にこんな看板が〜〜

 

観光客はレンタカーで訪問する人が多し。

駐車場は草原のようになってます。車の下でヤギさんがお昼寝してることも〜〜〜

車を動かす前に、車の下を確認ですよ〜〜

 

看板猫が可愛い

建物に入ると〜受付に看板猫がいました。

 

 

受付の方が〜〜とんすけの連れていたコレを見て「バナナワニですね〜」と知っていたのにビックリ。

だってここは与那国。バナナワニさんは伊豆熱川の「バナナワニ園」のマスコットです。

彼女いわく「可愛いと有名」なんだとか〜〜〜

 

伊豆熱川バナナワニ園はこちらの記事をご覧ください↓

 

アクセス

アヤミハビル館

開館時間:10:00〜18:00

休館日: 火曜、祝日

入館料: 500円

イベント,テーマパークカテゴリの最新記事