宮古島旅行記*アソビタウンで昼食食べた

宮古島保良泉ビーチ イベント,テーマパーク
この記事は約3分で読めます。

宮古島へ団体旅行!東平安名崎観光のあとは〜すぐお隣にある海宝観見学の後、お昼食です

スポンサーリンク

宮古島のアソビタウンとは??

 

海宝館(かいほうかん)を中心とした1日中遊べる、アソビの発信基地!!!

 

写真は、海宝館駐車場から東平安名崎を望む↓

海宝館駐車場から東平安名崎

 

海宝館マリン部門「シーブルーム」

 

シーカヤックに乗り、引き潮の限られた時間にしか行くことのできない神秘の鍾乳洞「保良泉(ほらガー)鍾乳洞」探検。

体験ダイビングやシュノーケリングもできます。

 

ほらガー鍾乳洞とは?

地元の人々が海神様を祀る場所です。許可を得ているツアーガイドの同行なしでは入ることができない特別な場所です。入り口にあるかぼちゃ型の鍾乳石(パンプキンホール)を越えてゆくと、氷柱状やカーテン状になっている鍾乳石が広がっています。ここでは神聖な気持ちで探検しましょう。

 

海宝館「海の見えるレストラン」

 

お昼食をいただきました。

海宝館の昼食

 

訪問時にいただいた団体旅行のお昼食。

海宝館さんのHPで確認したら「さんご礁海宝御膳」のようです。白身魚の甘酢あんかけ、豚の角煮、もずく酢、季節の煮物、宮古そばなど〜〜沖縄の郷土料理が満載!!

個人で訪れても、沖縄そば、タコライスなどの沖縄料理からカレーライスなど、いろんなものが味わえます。

 

海宝館2階にあるレストランからは保良泉ビーチから東平安名崎まで一望!!

海宝館駐車場から東平安名崎

 

[adchord]

 

海宝館といえば「シェル・ミュージアム」

 

とんすけが宮古島にはまった平成のはじめ頃は、ここは海宝館しかなかったと記憶いています。名物館長が、珍しい貝を展示してた施設だった…

その訪問時、竜宮城は宮古島にあったのではないか?という展示を不思議大好きとんすけは、 楽しく拝見させていただきました 😀

そ〜いえば、ムー大陸は宮古島付近にあったのではないか?という説もありましたな〜〜 😎

不思議な世界に思いをはせることのできる海宝館、大好き!!

当時、海の危険な生き物の紹介展示がありました。島人が捕まえたウミヘビを干していたら(食べよと思ったらしい)死んでいると思っていたのに突然噛まれた!という話は怖かったなあ

貝で怖いのはボナカイトですね〜〜ツノツノの生えた綺麗な貝なので、見惚れて拾ってしまいがち。とんすけもサイパンで捕まえようとした経験が〜〜 😳 クワバラクワバラ

危険な生物の展示の一番最後に鏡が置いてあって、覗くと自分が映る。つまり「一番怖いのは人間」とのこと。  う〜〜〜む、考えさせられますなぁ。これ、忘れられないんですよね〜〜

 

現在では、館長が世界中を探し回って集めた貝の数は12,000点!この数はアジアNO.1だそうです!

 

観覧料金 大人(高校生以上)500円 小・中学生300円

開館時間 9:00〜17:00

 

海宝館アソビタウン。お土産の購入や、貝細工作りも体験できます。宮古島に遊びに行ったらぜひたちよ売りたいですね〜〜

 

海宝館のアクセス

宮古空港より車で20分、駐車場無料 年中無休

 

宮古島のツアーをチェック!▶︎ ≪沖縄旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

宮古島海宝館周辺のお宿をチェック!▶︎  【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約
宮古島で遊び体験!検索はこちら ▶︎    じゃらん 遊び・体験予約

コメント

タイトルとURLをコピーしました