国の登録有形文化財:古民家【旧斎藤邸】

国の登録有形文化財:古民家【旧斎藤邸】

 

スポンサーリンク

旧斎藤邸の門

古民家「旧斎藤邸」とは?

 

平成29年、国の登録有形文化財(建築物)に登録されました。

敷地内には主屋、離れ、竹紙ちくし工房、門などがあります。敷地面積は約5,500平方メートルあります。

主屋は、明治34年(1901年)に建てられて、茅葺屋になっています。庭園は、竹林や梅、松など四季折々の植物が植えられています。

 

平成10年に、当時の所有者:斎藤トシさんが松戸市に寄贈してくださいました。現在は、生涯学習の場として利用されています。また庭園の竹を利用した竹紙も作成しています。

 

観覧は無料ですが〜事前に松戸市教育委員会、社会教育課に電話で申し込みが必要です。

 

利用可能日 平日及び第4土曜日の午前10時から午後4時(最終入場午後3時30分)
利用不可避 第4土曜日を除く土日祝日及び年末年始(12/28~1/4)
利用方法 観覧:無料(下記の番号へ要電話申し込み)

竹紙漉き体験:無料(要電話申し込み)

申込・問合せ 松戸市教育委員会 社会教育課 047-366-7462

 

周辺にはこんな素敵な景色がありますよ〜〜

イベント,テーマパークカテゴリの最新記事