金沢の観光PRキャラクター「ひゃくまんさん」が上野駅に参上!富山の「きときと君」もいたよ

金沢の観光PRキャラクター「ひゃくまんさん」が上野駅に参上!富山の「きときと君」もいたよ

上野駅の新幹線口に〜

石川県の観光PRキャラクターのひゃくまんさんがお出ましになられていましたよ〜〜

さすが!加賀百万石を代表するキャラクターだけあって、絢爛豪華・きらびやか・キラキラですぅ 😀

どうやら、北陸観光の宣伝にお越しのようです。

スポンサーリンク

ひゃくまんさんとは?

石川県の観光キャラクラー。風貌は、チョビヒゲを生やした短い手足のあるだるま風。

人が中に入れるのは地元と東京に2体ある。

ウイキペデイアより

 

なにぃ〜〜〜??????

人が入っていると断言している!!!

熊本のくまモンとは大違いだ!!

 

くまモンは

「何体あるのですか?中の人は誰ですか?」の質問に〜〜

くまモンはくまモン!!中の人など居ないっ!! 😡 」とシラを切っていたのに^^

熊本県の営業部長なのに年齢は小学生くらいとか〜〜イヤよ、部長なら50代でしょう

ひゃくまんさまは子供の夢を破る…いやいや、正直ものなのだ。

 

正直者だよ〜〜ひゃくまんさん^^

 

 

 

2013年に北陸新幹線の開業を首都圏でPRするために作成された。

しかし、なんとっ!!!

丸っこい形ゆえに、本人は新幹線には乗車することができないらしい!!

1体目の製作費は、輪島塗りや金箔張りの伝統技巧を多用しているので約200万円と高額!!

ま、それくらいの金額、金沢は金持ちだから出せるんじゃ〜ないの 🙄

 

石川県議会では当初、「かわいくない」「ダルマに似た風貌から石川県を連想するのは難しい」など、評判は良くなかったらしい。しかし当時の知事は「せんとくんの例もあり、奇抜でいいのではないか」と発言したとのこと。

 

とんすけにとっては、このきらびやかな風貌に金沢しか連想できないけどね〜〜

しかし、新幹線に乗れないとは笑えます〜〜

ま、チーバくんもTVで見たけど、普通自動車には乗れなかった 😆

 

富山のきときと君もきてたよ

 

 

富山県のご当地キャラクター。後ろ姿しか写真に撮れなかったけど〜〜

頭をご覧くださいませ〜〜

立山でございま〜す^^

 

きときととは?富山弁で「新鮮な」「活がいい」という意味。

見えなくて残念なんですが〜ぶり新幹線を抱いているそうです^^

北陸新幹線富山駅開業PRのマスコットキャラクターです。体重はぶりの5本分くらい。

性格は、好奇心旺盛で目立ちたがり屋、好きな食べ物はお米と海の幸

 

人が入れるものが2体あると明言してしまう、金沢のひゃくまんさんと大違いなキャラクター設定 😆

 

全国のゆるキャラ、設定とか面白いですね〜〜

イベント,テーマパークカテゴリの最新記事