健康で長生き:ストレスや不眠のケア

健康で長生き:ストレスや不眠のケア

健康は毎日の生活習慣で作られます。健康になる習慣を身につけられれば、人生安泰。

お家で簡単にできる健康習慣を私の覚えかきとして公開します。

 

自分をさする

 

少しの不調はまずは自分の手で手当して見ましょう。

自分で体をさする

体をさすると皮膚が刺激されて「オキシトシン」というホルモンが分泌します。自律神経が調整されて心を落ちつかせることができます。また筋肉がほぐれ、血流やリンパの流れも良くなります。

体のいろいろな場所を探ると、皮膚の細胞が活性化され、心も体も癒されます。

腕や肩、腰など気になる箇所をゆっくりさすりましょう。

 

飲む・食べる 口の習慣

寝る前に1杯、朝1杯の水を飲む。

人は寝ている時も汗を書き、通常でコップ1杯分。多いときでコップ2杯分の水分を失います。つまり、朝起きた時は脱水症状寸前で血液はドロドロ。心筋梗塞や脳梗塞などリスクが高くなっています。

 

寝る前に水を飲むと、血流が良くなり新陳代謝がアップ。寝ている間の脱水症状も予防します。

朝、起きてからの1杯の水は、血液中の水分量を増やしてサラサラな血液にします。血栓をできにくくし、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを下げることができます。

 

しかし!! 朝の水1杯の前には 歯磨きを!! 

朝起きたら、水を飲んだり食事をしたりする前に、まずは歯磨き!

寝てる間、口の中では爆発的に菌が増え。起きた直後の口の中には、

便10グラム分の細菌がいるとかーーー!!

その細菌は、歯垢となって歯にこびりついているので、うがいくらいでは取れません。

 

朝起きての歯磨きは〜〜

虫歯を防ぎ、風邪やインフルエンザにかかるリスクを下げます。糖尿病や動脈硬化、脳梗塞、認知症などの原因にも繋がる歯周病菌を朝一で飲み込まないことで、予防にも繋がります。

 

寝起きの歯磨きの時間は??

3分くらいが理想的。

 

 

 

食べるときは よく噛む

食べ物は、飲み込む前にもう少しだけ噛んで、食べ過ぎや胃腸の負担を減らしましょう。

噛む回数が少ないと、早食いになり、食べ過ぎの原因になってしまうことも。また、食べ物が細かく砕かれていないと胃腸に負担がかかり、栄養も吸収されにくくなります。

 

よく噛むことは様々な効果が期待できる!

食べ物が細かく分解せれて栄養が吸収されやすくなる。それ以上に唾液の働きで歯が丈夫に。虫歯になりにくくなります。噛むことで脳の血流が増えて活性化することにも一役買ってくれます。

特に柔らかい食べ物には注意が必要。よく噛まずに飲み込んでしまいがち。よく噛みましょう。

 

 

参考文献:マイケア「団らん」機関紙より

日常のもろもろカテゴリの最新記事