隠岐島【国賀めぐり定期観光バス】絶景を簡単に周遊!おすすめ

隠岐島【国賀めぐり定期観光バス】絶景を簡単に周遊!おすすめ

初めての隠岐島観光!!

定期観光バスがおすすめですよ〜見どころを効率よくまわってくれます。

実際に乗車した感想ですよ〜〜

スポンサーリンク

国賀めぐり定期観光バスのコース

 

浦郷港発着(13:10〜、15:10〜)

別府港発、浦郷港着(10:20〜)

の、2つのコースがあるよ〜〜。

 

コースの内容は

浦郷港発着:浦郷港→赤尾展望所→摩天崖または国賀浜・通天橋→由良比女神社→浦郷港

別府港発:別府港→赤尾展望所→摩天崖→国賀浜→浦郷港

 

とんすけは、午前中のコースを選びました。

 

乗車するため別府港に行くと〜〜強風の関係で、バスは出るけど、コースが一部変更で運行になるとの事。

魔天崖の見学が中止です。参考までにご覧くださいませ 😉

 

隠岐観光別府営業所で申し込み・乗車します

 

とんすけは、隠岐島は客船ぱしふぃっくびいなすでの寄港。

客船からは浦郷港にて上陸。

路線バスに乗り別府港にやってきました。

 

隠岐観光別府営業所

 

国賀行き観光船は風のため欠航になっていました。残念がる観光客がたくさんいらっしゃいました〜

 

定期観光バスも、魔天崖は強風にため寄らないことになりました。 😥

 

 

定期観光バスに乗車〜出発です!!

 

10時20分、別府港を出発です。

お客さんは、6人くらい。バスガイドはなし。運転手さんのお話&録音テープが上手に島内を紹介してくれます。

 

隠岐島は国立公園。かつては後醍醐天皇・後鳥羽上皇・小野篁が流された流人の島なそうです。現在では県内、京阪神などから多くの観光客が訪れます。

 

船越地区を通過

 

船越地区

 

船越地区。地図を見ると西ノ島町で一番くびれている場所。

ここはかつて陸続きだったそうです。

丸太の上に木をおいて、その上に船を転がして運んだと言います。

 

船引運河を通過

で、運河が作られたのでしょう。

 

船は、この細い運河を通ると国賀海岸に近道。

 

船引運河

 

定期観光バスは快適な海岸線を浦郷へ向け走ります

 

沖に、とんすけが乗ってきた客船「ぱしふぃっくびいなす」が見えます!!

上に見える橋は、西ノ島大橋

 

停泊するぱしふぃっくびいなす

 

お化けが出ると噂のトンネルを通過

これね↓

浦郷のお化けトンネル

 

真相は知りませんよ!ただ、客船ぱしふぃっくびいなすでもらった浦郷のマップに

「オバケが出ると噂のトンネル」とだけ注釈が書いてありました。

 

オバケが出るにしては〜〜すぐに出口が見えるほど短いトンネルです。

 

由良比女神社を通過

 

定期観光バスは神社の前で一旦停車。録音テープで神社の説明を聞きます。

イカ寄せの浜の海上鳥居

 

バスはテキサスゲートを超える!

定期観光バスは山道をクネクネと、かなり高いところに登ってきました。

すると〜〜山道に突如現れたテキサスゲート!!

 

西ノ島町テキサスゲート

 

 

とんすけ
とんすけ
わあ〜〜隠岐島にもあるんだ!!とんすけはコレ、与那国島で見ましたよ!

初めて見たとき、立ち入り禁止なのかと思い、渡っていいのか〜随分悩んだものです。

定期観光バスの運転手さんが丁寧に説明してくださいました。

このテキサスゲート。四つ足の動物は通れないそうです。よってここから先は、放牧地に入ります!

 

最初の立ち寄り地:赤尾展望所

 

ここでは10分の休憩です。

 

赤尾展望所

 

絶景だったなああ〜〜 😀

魔天崖、国賀浜が見下ろせます。

 

2番目の立ち寄り地:国賀浜

 

海辺に奇岩が立ち並びます。

 

国賀海岸天上界の奇岩

 

 

有名な「通天橋」はここにあります

 

通天橋

 

注意*

定期観光バスを降りた駐車場から国賀浜へは長い坂道。下り徒歩で7分はかかります。国賀浜に出てから通天橋までも距離があるので、バスの戻り時間に遅れないように気をつけましょう!!

 

駐車場、海岸にもトイレはあるので安心。

 

とんすけ
とんすけ
この後、通常ですと魔天崖に寄りますが=〜〜〜強風のためナシ!!

 

定期観光バスは、終点浦郷港へ向かいました。

 

定期観光バス、見どころをコンパクトに巡ってくれて便利!!オススメで〜〜す

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

旅行カテゴリの最新記事