広島ひとり旅 千光寺あたり

広島ひとり旅 千光寺あたり

広島ひとり旅。るんるん  広島空港から高速バスとフラワーライナーを乗り継いで尾道までやってきましたーー  尾道といえば千光寺    今回の旅の目的の一つは千光寺に行くこと!! イェ〜い!来たぜ千光寺

とんすけは バス停「千光寺下」下車。階段と坂道を、えっちらオッチラ登りました。このアプローチはかなりの急なので、健脚向けですよ〜

 

千光寺は大同元年(806)の創建と伝える古刹。修験道との関係が深く、山全体が聖地として修験道の修行の場でした。境内や山頂付近には巨石が並び梵字などが刻まれ、五輪の塔など多くの石造物があります。岩肌に密着するように建てられて居る本堂の伽藍は山と一体化して美しい景観です。  → 説明看板より抜粋

 

見晴らしの良い階段に出たらもうすぐ千光寺。公園にはネコさんがいっぱいだ^^

千光寺 阿弥陀三尊像(磨崖仏)  とは

千光寺石仏

階段で、本堂までもう一息という場所。右手にこじんまり鎮座してました。

千光寺付近にたくさんある石造物のひとつ。室町時代に作られた。ひとつの岩に阿弥陀三尊像が掘られ、千光寺の石仏群でも代表すルもの。古くから尾道の人々の信仰を集めている。

 

さて 本堂に到着しました

お経が聞こえます。

「おお!片時も休まずお坊さんがお勤めしているのか?ありがたや〜」と思ったのもつかの間

残念ながらテープ…      待てよ、今時カセットテープなんてないか?CDか??とにかく、録音されたお経を大音量で流しています^^

お守りお札など購入できます。売り子のお姉さんがたが、売り込みに励んでいます。

眺めは格別ですーーー  気持ちいい

 

なんだコラゃ??  玉の岩

なに??? これ???

千光寺のシンボル

それは  玉の岩      たまのいわ   タマノイワ

てっぺんに乗っているには、現在は「電灯」だそうですが〜〜  大昔、ここには光る石があったという

その昔、その光る石が夜になると鏡岩に反射し海を照らしていた。行き交う船の安全を見守っていたというから驚きの伝説である。

ナニコレ? 変な岩  そうこれが  鏡岩

大昔、巨岩の上に乗っていた「光る石」 その光を海に反射していたという「鏡岩」 この周辺には見当たらず、それは伝説の中だけに存在しているものと思いきや〜

なんと2000年に発見されたのです!!    それが  これ ↓

千光寺の鏡石

2000年のある日、千光寺客殿の裏の松が枯れてた。それを取り除いたら そこに丸く磨かれた岩が出現!

直径2メートルの円形。  「何これ?誰かか塗ったんじゃないの?」と思えるほど。写真でも伺えますが、鏡のように光っています。

伝説の中では「冬至の日、登る太陽の光は鏡岩に当たり、西国寺のタンク岩を照らす」と言われていた。

一体、誰が、なんのためにーーーーー岩を磨いたのか? その手法はどうゆうものなのかーー

 

とっても不思議なのに… 観光客、皆さん素通りです。涙

 

石鎚山鎖修行とは

本堂の上には巨岩、巨石。横の階段を登るとあるのが、この巨岩を登る修行「石鎚山鎖修行」

鎖を伝って岩を登り頂上の石鎚蔵王権現様をお参りするという修行です。とんでもなく危険な感じ。参拝には100円かかります。子供だけで登ってはいけない・悪天候は参拝できない・一方通行・自己責任で登る  など決まりごとがあります。

自己責任というのが重要。  だって、どーみても滑り堕ちたら大怪我ですもん! 

登りたかったけど、垂直な岩を登るので断念

 

朝ドラに出てましたね ポンポン岩

ポンポン岩

千光寺ポンポン岩

ここからの眺めも格別ですよーーー  でも怖い

岩の上から、必要以上に身を乗り出すと確実に下に落ちますね

正式には「鼓岩」と言います。千光寺周辺の巨石の中では最大級だそうです。中が空洞なので岩を叩くと「ポンポン」と音がすることからその名がつきました。

叩いてみたけど〜  ポンポン言わなかったよ…

 

まとめ

さて、念願のひとり旅での千光寺参りがかないました。嬉しい。 数年前にクラブツーリズムのツアーでおとづれた事はあったのですが、なにぶん団体行動。好きな場所に好きな時間いられなかったんで、今回一人旅での再訪となりました。 こんなに不思議な伝説や巨岩・奇石がたくさんあるとは知りませんでした。 なんか宇宙との関わりを感じさせる伝説で、宇宙好きのとんすけは呼ばれたのかもしれません。^^巨岩・奇石もだーいすき。天気も良くて大満足です。

ニヤん子がいっぱい!! 猫好きにはたまりません!

 

千光寺にゃんこ

 

 

 

 

 

神社・仏閣カテゴリの最新記事